1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. お役立ちコンテンツ>
  3. MR向け履歴書の書き方

履歴書の書き方

書類選考を通過するためのコツ、伝えるべきポイントなど…MRの方を対象に、履歴書の書き方をご紹介します。

MR向け 履歴書を書く上でのポイント2013/10/10 更新

MRの方向けに、履歴書の書き方・コツをサンプル付きでお伝えします。

MRの転職は、高倍率な選考となるケースも多いため、履歴書では他者としっかり差別化を図ることが大切です。
そのため、いきなり書き始めるのではなく、あらかじめ

  • 自分自身の知識・経験・スキル
  • 応募企業の特徴や、他社と比較した時の強み

を分析・把握したうえでペンをとりましょう。
ポイントは、自分自身の想いや強みと企業の求める人物像をリンクさせること。いかに自分がその企業にふさわしいか、わかりやすく伝えるよう心がけましょう。

A.基本事項について

1.日付

履歴書を書いた日ではなく、提出日(郵送の際には投函日)を書きます。

2.写真

3ヶ月以内に撮影した、2.4×3cmか3×4cmのカラー写真。
礼儀正しさや清潔感・明るさが伝わるよう
、スーツを着用し、少し微笑むように撮影すると良いでしょう。前髪が目にかかるようであれば分け、女性の場合はできるだけナチュラルメイクで。
撮影はスピード写真でもかまいませんが、フォトスタジオへ依頼すると、より好印象な写真ができあがるでしょう。

3.名前

はっきり大きく、丁寧に。ふりがなも忘れず記載。

4.生年月日

日付を元号で書いた場合は、こちらも「昭和○年」と元号で記入を。西暦で書いた場合は、西暦で統一。

5.住所

都道府県名は省略せず、住居がマンションやアパートの場合は、建物名と部屋番号も忘れずに記入を。

6.連絡先

携帯電話・固定電話問わず、連絡がつきやすいものを記入。
Email欄にはフリーメールアドレスを記入しても良いですが、できるだけPCの固定アドレスを記入するようにしましょう。
また、手書きのアドレスでよくあるアルファベットの読み間違いに注意を。たとえば「_(アンダーバー)」と「-(ハイフン)」、「o(オー)」と 「0(ゼロ)」など紛らわしいものは上にフリガナを振るなど、適宜配慮が必要です。

「履歴書サンプル」に戻る

B.経歴などについて

7.経歴

「学歴」と「職歴」に分けて記入していきます。

学歴
基本的に、中学卒業以降の全学歴を記載しましょう。中学と高校は卒業年のみ、それ以降は入学年と卒業年の両方を記載すること。大学や大学院、専門学校についての記載は、学部・学科名まで省略せずに書きましょう。
職歴
入社から退社までの流れを簡単に説明。入社・退社の時期と合わせて配属部署まで明記しましょう。(例:○○支社にて、MRとして勤務。循環器領域を担当。)
Check!

職歴には、在籍した会社(正社員・契約社員問わず)を全て記載しましょう。在籍期間が短いからといって省略してしまうと、経歴詐称と見なされる危険があります。

8.免許・資格

持っている免許・資格を取得年月順正式名称で記載。基本的にはMR認定資格と、普通自動車運転免許のみを書きましょう。今回の転職に関係のない資格は、書いても評価につながりません。
また、TOEIC・英語検定など語学力の証明になる資格は、点数が低い場合書く必要はありません。記入の目安は、TOEICであれば600点以上・英語検定は2級以上です。

「履歴書サンプル」に戻る

C.志望動機・本人希望記入欄などについて

9.趣味

簡単でかまいませんが、具体的な要素(スポーツであればポジション名、映画など文化的なものであれば好きな監督や作品など)を盛り込むと、面接で会話が弾むきっかけになることも。

※特技

特技欄が設けられている場合には、あなたが得意とすることを記しましょう。ここで趣味欄と区別しなければいけない点は「趣味=好きなこと」「特技=好きなことであり、何らかの結果も出ていること」ということ。実績や年数、習熟度がどれくらいかも記入しておくと良いでしょう。

※長所・短所

応募企業がどんな人物像を求めているか意識して書くことが大事です。長所・短所を端的に述べるだけでなく、長所であれば具体例を交えて書き、短所はネガティブな印象を与えないよう、工夫して書くことを心がけましょう。

<例>

長所…非常に負けず嫌いな点。目標に対してとことんやり抜く姿勢は長所だと思っています。たとえばターゲット病院に対しては、状況に応じてアプローチを変えながらの、継続的なコールを行っていました。こうしてドクターとのリレーションを深めることで毎月安定した売上を伸ばし、入社以来の目標数字を全てクリアしてきました。

短所…慎重すぎる面があります。そのため、初めての仕事に取り掛かるまで考えこんでしまい、初動が遅れることがありました。今は行動しながら考えることを意識し、迅速な対応がとれるようになったと評価されています。

10.健康状態

一般に、業務に支障が生じる持病があるかを記載する項目です。業務中の通院や、定期的な休暇が必要である場合はその旨を明記。そうでなければ「良好」もしくは「きわめて良好」と記載しておきましょう。

11.志望動機

企業側から見たこの項目は、あなたが「自社に合う人材かどうか」を見極める重要な要素。面接の際、この志望動機をきっかけに話を膨らませられるよう、要点を捉え記入しましょう。特に、MR経験が少ない方や、自分を充分にアピールできる実績が揃わないと感じている方ほど、この欄でどれだけ志望の本気度を伝えられるかが重要になります。

熱意が伝わる志望動機を書く上で、意識して盛り込みたい点は以下の3つです。

  • 応募企業のどこが、自分にとって魅力なのか
  • 応募企業で自分は何がしたいのか
  • 応募企業で自分は何ができるのか

以下に挙げる志望動機の具体例を参考に、内容を作成すると良いでしょう。

«具体例»

<例1>
御社を志望する理由は、幅広い領域をカバーする有望なパイプラインを、数多く抱えていらっしゃる点に魅力を感じたからです。豊富な知識を持つMRとして成長するために、1領域内に留まらない知識を得ることができる御社の下で働きたいと思い、志望致しました。 前職では1つの領域内で、限られた製品を長期間売り続けてきました。そこで得た、症例ベースで薬の効能・副作用をディテーリングする力を活かし、より多くの病院で御社の製品が採用されるよう努めていきたいと考えております。

<例2>
前職ではジェネリックMRとして、数字を追う姿勢を常に意識してきました。Drや薬局、卸の元へ頻繁に足を運び、"相手にとってメリットがある提案"を実践することで、目標数字は入社以来全て達成しています。
今後は前職で培ってきた提案力を活かしつつ、新薬の販売経験を積み、専門性の高いMRになっていきたいと考えております。現在販売を控えている「○○(製品名)」を始めとした、御社の新薬拡販に貢献したいという思いで、今回応募いたしました。

Check!

最近では志望動機欄がない履歴書を選ぶMRも多い傾向に。職務経歴書の自己PR欄でしっかり志望動機も伝わる内容が書けるようであれば、この欄がないものを選んでも問題ありません。

12.通勤時間

配属先が未確定の場合は、空欄でかまいません。

13.配偶者・扶養家族・配偶者の扶養義務
配偶者
結婚していれば「有」・独身であれば「無」に丸をつけましょう。
扶養家族
あなたが養わなければいけない家族の人数を記載しましょう。なお、配偶者の年収が130万円を下回る場合は、扶養家族内に配偶者も含みます。1人もいない場合は「0」と記入してください。
配偶者の扶養義務
配偶者の扶養義務の有無は、年収によって定められています。配偶者の年収が130万を下回る場合は、扶養義務が生じるため「有」・130万以上の場合は扶養義務から外れるため「無」に丸をつけましょう。
14.本人希望記入欄(希望勤務地・希望給与額など)

出社可能日や連絡のつきやすい時間帯、または勤務地や給与等、希望する事項を記します。
希望勤務地や希望給与に関しては、妥協できない項目がないかぎり「貴社規定に準じます」と記載を。

※自由記入欄

基本的に空欄でかまいません。ただ、特にアピールしておきたい自分の長所や特技、仕事での目標や応募企業への前向きなメッセージなどがある場合は書くと良いでしょう。

※今回の画像サンプルは、あくまで一例です。実際に履歴書に載っている記入項目には色々な種類があるため、自分自身が書きやすいものを選ぶと良いでしょう。

履歴書をダウンロードする(PDF)

このページで見本として使用している履歴書と同じフォーマットを、
ここからダウンロードすることができます。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(バージョン5.0位上)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社サイトよりダウンロードの上、ご利用ください。

履歴書を書き終わった後の最終確認

書き終わった履歴書を一言一句見直しつつ、以下の点も守られているかチェックしましょう。

【Check!】
  • 筆記用具はボールペン、もしくはサインペン(いずれも黒色)を用いているか
  • 文字は一言一句、丁寧に記入されているか(上手下手ではなく、トメる・ハネるなど基本を徹底すること)
  • 誤字脱字は無いか(書き損じた場合は新しい用紙に書き直し、修正液は使用しないこと)
  • 抜け漏れは無いか
  • 履歴書内で使用する日付は、全て元号か西暦のどちらかに統一されているか
  • ふりがなは、表記が「フリガナ」となっている場合はカタカナで書き、「ふりがな」となっている場合はひらがなで書かれているか
  • 記載には略称を用いない。学校名、資格名などは全て正式名称で書かれているか(×高校→○高等学校、×自動車免許→○普通自動車運転免許など)

履歴書は、あなたの想いを企業に届ける一番最初のツール。第一印象は非常に重要なため、すべての内容において、前向きなスタンスで書けているか確認しましょう。
また、口頭で補足が必要な情報や、不利に受け取られかねない情報は履歴書に書くのではなく、面接で伝えましょう。

MRお役立ちコンテンツ

MR向け職務経歴書の書き方

このページのトップへ戻る