1. MR 転職【MR BiZ】HOME >
  2. MRからのキャリアチェンジ

MRからのキャリアチェンジ

MR以外に転職するMRが増加中

「パイプラインや組織の状況が厳しく、将来が不安」
「医師のパートナーとして満足のいく情報提供ができていない」
「MR経験は活かしつつ、働き方を変えたい」
近年、MRの経験を活かし、キャリアチェンジするMRが増えています。このページでは、そもそもMRはどんな業界や職種に転職できるのか?実際にどんな仕事を選ぶMRが多いのか?など、これからのキャリアを考えるのに役立つ情報を紹介します。

増加傾向を示す棒グラフの画像

MRのキャリアチェンジ先としてよく選ばれる仕事

転職を考える動機や希望によって転職先はさまざまですが、中でもよく選ばれるものを紹介します。

医師との折衝経験・医療の知識を活かすなら…

医師との折衝経験や医療の知識を活かして働きたい人の多くは、製薬業界もしくは医療周辺業界を選びます。
製薬業界でよく選ばれるのはCRAMSLDI。ただしMSLの場合は理系出身かつ基幹病院以上の病院経験が求められます。製薬業界以外だと、仕事内容の親和性が高いことから、医療機器営業もよく選ばれています。知識を活かしたい人には、製薬業界や医療業界を相手にするコンサルティング会社広告代理店などの仕事も人気です。

高年収を重視するなら…

年収の高さに重きを置く人は、コンサルティング会社商社・金融系営業を選ぶケースが多いです。年収が高めな医療機器メーカーの営業職も人気です。基幹病院以上の病院経験がある理系出身のMRの場合、MSLも選択肢の一つになります。

転勤が少ない働き方をするなら…

転勤を減らしたい・なくしたい人は、CRADI、医療系広告代理店を選択するケースが多いです。東京・大阪など主要都市に拠点を起き、遠方へは出張対応するのが一般的です。最近は転職支援コンサルタントを選ぶ人も増えています。

内勤で働くなら…

内勤で働きたい人には、DIが人気です。多少の外出は構わないという人は、CRAコンサルティング会社医療系広告代理店の営業などを選ぶ傾向にあります。

MRのキャリアチェンジ先としてよく選ばれる仕事一覧

経験を活かしやすい 年収が高め 転勤が少ない 内勤で働ける
CRA 将来的な
年収は高め
週2~3日は内勤
MSL - -
DI -
医療機器
営業
MRよりは
頻度が減る
-
コンサル
調査
製薬・医療業界の
担当になれば○
- リサーチ時などは
デスクワーク中心
医療系
広告代理店
将来的な
年収は高め
資材作成時などは
内勤中心
商社・金融
営業
- - -
転職支援
コンサル
製薬・医療業界の
担当になれば○
- 外出のない日もあり

MR以外への仕事へのキャリアチェンジを検討する場合、何を重視するかによってオススメの仕事は異なってきます。

このページのトップへ戻る