1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. 求人検索>
  3. 扶桑薬品工業株式会社/MR

求人情報 情報確認日

扶桑薬品工業株式会社

お問い合わせ番号 313557
担当の領域 プライマリー
勤務地 北海道、宮城県、新潟県、長野県、宮崎県、鹿児島県、青森県、岩手県、秋田県、山形県、福島県、山口県、島根県、鳥取県
北海道・東北・新潟・長野・山口・島根・鳥取・宮崎・鹿児島
※東北エリアの場合、青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島のうちからご自身で拠点を選択いただけます。
入社時期 充足次第終了
仕事内容 各拠点にて、MR業務をご担当いただきます。

【具体的には】
・総合病院の腎臓内科、泌尿器系内科や個人病院、血液透析室、ICUなどを対象に医薬品情報を提供し、導入を勧めます。
・医師や臨床工学技師・看護師と信頼を築きながら、製品の特徴をアピールしていただきます。
年収 350万円~600万円 (経験能力考慮の上優遇)
MR日当 2,700円~3,000円
応募要件 【必須要件】
■MR認定証をお持ちの方
■普通自動車免許をお持ちの方
雇用形態 正社員
事業内容・沿革 ■医療用医薬品の研究開発及び製造販売

1937年 大阪市南区に会社創立。商号大和商会。ブドウ糖販売を開始。資本金2万円。
1943年 大阪市東成区に今里工場を設置し医薬品製造業に進出、ブドウ糖その他の注射剤の製造を開始。
1949年 商号を現在の扶桑薬品工業(株)に変更。
1964年 日本でいち早く人工腎臓灌流原液を開発。
1969年 人工腎臓用透析液「キンダリー液」を開発、発売。
1989年 東京証券取引所市場第1部へ株式上場。
2001年 細菌感染症迅速体外診断薬「ハイブリゼップ」を発売。
2020年 田辺三菱製薬(株)と腎性貧血治療薬「バフセオ錠」(HIF-PH 阻害剤)に関する透析領域におけるコ・プロモーション契約を締結。
企業の特徴 ■人工腎臓用透析液のパイオニアとして、不動の地位を確立しています。
※透析治療用キンダリーでは60%以上のシェアを獲得しています。
■ブドウ糖注射液の製造からスタートした医薬品メーカーです。
■日本に透析療法が導入された昭和30年代に、大学からの依頼で日本で初めて透析液の開発業務に着手しました。
■腎臓分野を柱に領域を広げ、前立腺疾患治療剤「セルニルトン」など泌尿器科系の医薬品も販売しています。
■大学との共同研究も実施しており、2008年5月には大阪府立大学と細菌性食中毒原因菌の1つであるカンピロバクターを簡便かつ迅速に検出する方法を開発しました。
■創薬にも力を入れており、研究開発センターを中心に国内外の大学や研究機関との強力な連携によりバイオ技術を用いた医薬品の創出を目指しています。
パイプライン http://https://www.fuso-pharm.co.jp/cnt/develop/new_medicine.html
売上 496億3200万円
設立・従業員数 1937年3月 1352名
この求人に申し込む

採用開始アラート業界最速

メールアドレスとあなたの希望を入力するだけでOK! あなたが希望する勤務地や領域でMRの募集が発生した瞬間、お知らせを受け取れます。採用開始アラートとは?

  • PCや
    モバイルから
    アラートを
    セット
  • 頻繁にサイト
    をチェックして
    いなくても・・・
  • MRの採用がスタートした瞬間、速報を受信。求人を見落とすリスクもなし。
  • 良いな。
    と思ったら
    エントリー
    して面接へ。
アラートをonにする
このページのトップへ戻る