1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. お役立ちコンテンツ>
  3. 実践MRメソッド

5分で身につく 実践MRメソッド

ドクターからの印象を良くする立ち居振る舞い、製品を効果的にプレゼンする方法…
明日から実践できるMR活動のコツとは?Web・無料で読めるMRノウハウ集。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5分で身につく 実践MRメソッド

2014/12/11 更新

MRのマーケティング

【メソッド26】MRとして、市場調査で把握すべきことは?[ 2014年05月15日(木) ]

MRの市場調査はどのように進めるべきでしょうか。 まずは「マーケティングの視点」を持つことがはじめの一歩です。 ここで言う「マーケティングの視点」とは、「なぜ売れるのか?」の視点で調査をすることです。 MRが市場調査で把 … 続きを読む

メモする女性MR

【メソッド25】MRに必要なマーケティングとは?[ 2014年04月25日(金) ]

マーケティングの視点をMR活動に活かすことができる背景には、近年のMR活動の変化があります。 かつてMRがプロパーと呼ばれていた頃と比べ、現在のMRは非常に忙しく日々を送っています。 SFA(Sales Force Au … 続きを読む

MRの情報提供

【メソッド24】先生の関心を引き出すための情報の提示の仕方は?[ 2014年03月25日(火) ]

「何か先生のお役に立つ情報はありませんでしょうか?」 こんな問いかけをしているMRもいるのではないでしょうか? このような具体性のない表現では、先生の心にはまったく響きません。「何かあるか」伺うのではなく、積極的にMRか … 続きを読む

考えるMR

【メソッド23】専門医と非専門医でのディテール内容の違いは?[ 2013年12月10日(火) ]

あなたは、専門医と非専門医で、ディテールの内容を使い分けていますか? 駆け出しの新人MRは、相手が誰であろうがワンパターンの説明しかできません。しかし、皆さんには1つの学術資材をいくつものパターンで説明できる習慣をつけて … 続きを読む

キーボードと眼鏡

【メソッド22】年代別の先生の攻略法は?[ 2013年11月20日(水) ]

世代が違えば、背景となる文化も違います。 社内で、若いMRであれば、皆さんが営業所長や支店長にジェネレーションギャップを感じている人も多いでしょう。 これは、先生も同じです。 先生も当然若いMRに対してジェネレーションギ … 続きを読む

ドクターの分布

【メソッド21】臨床経験を重んじる慎重派の先生の攻略法は?[ 2013年11月05日(火) ]

今回も、ソーシャル・スタイルの応用例で、自身の臨床経験を重んじる慎重派の先生の攻略法を考えてみましょう。 前回の「イノベーター&マジョリティ」タイプの先生と対極にあるのが、「フォロワー&マイノリティ」タイプの先生です。 … 続きを読む

エビデンス重視の先生の攻略法

【メソッド20】エビデンスを重視し、学会などにも積極的に参加する先生の攻略法は?[ 2013年10月22日(火) ]

エビデンスを重視するタイプの先生の攻略法 ソーシャル・スタイルを用いて、「エビデンスを重視し、学会などにも積極的に参加するタイプの先生」の攻略法を考えてみましょう。 一般に4分割のソーシャル・スタイルで分類した場合、イノ … 続きを読む

MRのドクター攻略方法

【メソッド19】先生一人ひとりに適したプロモーションを実践するには?[ 2013年10月08日(火) ]

自分が担当しているエリアだけでも、さまざまなタイプの先生がいますね? その先生一人ひとりに適したプロモーションを実践するのは中々に大変なことです。 まずは、臨機応変に対応するための「引き出し」を作るところからはじめましょ … 続きを読む

グラフ説明をするMR

【メソッド18】先生に疑念を持たれない有意差の伝え方は?[ 2013年09月24日(火) ]

「P<0・05で有意に改善しています」 このフレーズは、皆さんが日常のMR活動でよく使っていると思います。しかし、この「有意な改善」を伝家の宝刀のように絶対的な根拠として紹介していませんか? もしかすると、先生に疑念を持 … 続きを読む

MRのグラフ説明

【メソッド17】先生に疑念を持たれないグラフの説明方法は?[ 2013年09月10日(火) ]

「見栄えがよいグラフばかりで、情報がフェアじゃないんじゃないか?」 情報資材のグラフについて、先生から指摘されたことはありませんか? 先生との面談ではグラフを見せることで、自社品のメリットを強烈に視覚で訴えることができま … 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お役立ちコンテンツへ戻る

このページのトップへ戻る