1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. 第一三共の年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

第一三共

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一三共について

第一三共は、高血圧、血栓症、糖尿病などを含む「循環代謝領域」に強みを持つ、国内大手製薬企業の一社。2005年に三共と第一製薬が経営統合して設立され、現在の国内売上高は第3位です。「イノベーティブ医薬品(新薬)、ジェネリック医薬品、ワクチン、OTC医薬品」の4部門で事業を展開しています。

2015年度の業績は増収増益。順調な業績の背景にあるのは、2010年から続く“新薬ラッシュ”です。「ネキシウム(プロトンポンプ阻害剤)」や「メマリー(アルツハイマー型認知症治療薬)」は大型製品に成長し、「プラリア(骨粗しょう症治療薬)」や「テネリア(2型糖尿病治療薬)」なども売り上げを伸ばしています。

最主力品の「オルメテック(高血圧症治療薬)」は2016年から世界各国で特許切れを迎えますが、その穴を埋めるのが期待の新薬「リクシアナ(抗凝固薬)」や、上で挙げた複数の新製品。「リクシアナ」はブロックバスター化が期待されており、2020年度までに世界で1200億円以上の売り上げを目指しています。

中長期的に強化していく方針を打ち出しているのが、がん領域。「がんに強みを持つ先進的グローバル創薬企業」をビジョンに掲げ、2025年度にはがん領域を3000億円規模の事業に育てることを目標としています。

今後は成長市場におけるシェア獲得に注力

成長が見込まれる市場におけるシェア獲得を、今後積極的に行っていく方針を打ち出している第一三共。具体例としては、がん領域への注力やファースト・イン・クラスの創薬が挙げられます。
がん領域においては、メラノーマに対する新薬を販売したことで注目される、アメリカのバイオベンチャー『プレキシコン』を買収。また、ファースト・イン・クラスの創薬に関しては、抗インフルエンザウイルス剤である「イナビル」や抗凝固薬「リクシアナ」など、既に複数の新薬を販売。今まで日本国内に存在しなかった薬の自社開発に成功しています。

「面談したいMRランキング」3年連続首位に

第一三共のMR営業体制は「クロスワイズ体制」。全領域を担当する「施設担当MR」と、領域ごとに専門知識を身につけた「領域担当MR」が互いに連携しあうことで知識を補い合い、より質の高い学術情報を提供することが目的です。その他『DASH』というMR力強化のための研修の実施や、MR全員に独自の医薬情報データベースとリンクさせたiPhoneとiPadを支給するなどの取り組みも。結果「面談したいMRベストランキング1位(ミクス調べ)」を3年連続で獲得しています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

第一三共の年収情報

平均年収

1036 万円

医薬品業界 順位 全上場企業 順位 推定生涯賃金
4位 / 61社中 48位 / 3535社中 3億4294万円

第一三共は医薬品業界に所属する企業。 証券コードは4568。医薬品業界における年収順位は61社中4位で業界内年収は平均より高い部類に入る。

年収シュミレーション

  • 662

  • 419

25歳~

  • 790

  • 500

30歳~

  • 918

  • 581

35歳~

  • 1036

  • 656

40歳~

  • 1068

  • 676

45歳~

  • 1046

  • 662

50歳~

  • 第一三共
  • 全上場企業平均

シミュレーションであり、保障するものではありません。

年収推移

  • 974.8万

2011年

  • 1006.8万

2012年

  • 998.2万

2013年

  • 1036.3万

2014年

平均年収は横ばいです

所属業界比較

  • 726.8万

医薬品業界

  • 1036.3万

第一三共

  • 581.8万

全上場企業

医薬品業界の平均より310万up

全上場企業の平均より455万up

第一三共のパイプライン情報

最終更新日 2014/05/26 17:14

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
 DU-176b(エドキサバントシル酸塩水和物)既承認心房細動に伴う脳卒中および全身性塞栓症の予防(AF)
静脈血栓塞栓症(VTE)
申請申請・日・米・欧申請
・国際共同治験
・自社品
 CS-747 (プラスグレル塩酸塩)既承認急性冠症候群(ACS-PCI):承認
待機的PCI:承認
虚血性脳血管障害:第Ⅲ相
承認販売
(グローバル)
・欧:発売済
・米:発売済
・日:自社開発、急性冠症候群(ACS-PCI)、待機的PCIは承認、虚血性脳血管障害患者を対象とした第Ⅲ相試験実施中・自社品
 AMG162(デノスマブ(遺伝子組換))既承認骨巨細胞腫承認 ・自社開発、導入品
 DE-766(ニモツズマブ)未承認・胃癌:第Ⅲ相
・食道癌:第Ⅰ相
第III相 ・自社開発、導入品
・海外では導入元等が販売済
 DR-3355既承認感染症第III相  
 AMG162(デノスマブ(遺伝子組換))既承認乳癌補助療法第III相 ・導入品
・国際共同治験
 AMG162(デノスマブ(遺伝子組換))既承認関節リウマチ第III相 ・自社開発、導入品
 DS-7113(ヒドロモルフォン)未承認癌性疼痛治療第III相  
 ARQ 197(tivantinib)未承認悪性新生物(肝細胞癌) 第III相
(グローバル)
・共同開発、導入品
 U3-1287(patritumab)未承認・非小細胞肺癌、乳癌第I/II相第II相
(米・欧)
・自社品(U3ファーマ)
 PLX4032(vemurafenib)未承認・悪性新生物(結腸直腸癌) 第II相
(欧米)
・共同開発、自社品(Plexxikon Inc)
・提携先が欧米でメラノーマの適応症で発売済
 CS-3150未承認高血圧症/糖尿病性腎症第II相  
 DS-5565(Mirogabalin)未承認慢性疼痛第II相第II相
(グローバル)
・自社開発・自社品
 U3-1565未承認悪性新生物第I/II相第I/II相
(米)
・自社開発、自社品(U3ファーマ)
 PLX3397未承認悪性新生物 第II相・自社開発、自社品(Plexxikon Inc)
・複数の癌腫で試験実施中
 DS-2248未承認悪性新生物 第I/II相
(米)
・自社開発、自社品
 DS-7423未承認悪性新生物 第I/II相
(米)
・自社開発、自社品
 DS-3078未承認悪性新生物 第I/II相
(欧米)
 
 SUN13837未承認脊髄損傷治療第II相  
 GE-145未承認血管造影第II相  
 DS-3032未承認悪性新生物 第I/II相 
 PLX7486未承認悪性新生物 第I/II相 
 DS-8895未承認悪性新生物 第I/II相 
 DS-8895未承認悪性新生物第I/II相  
 DS-8273未承認悪性新生物 第I/II相 
 PLX8394未承認悪性新生物 第I/II相 

会社について

2016年5月更新

会社名 第一三共株式会社
本社所在地 〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
事業内容 国内・グローバルの医療用医薬品の研究開発、製造、販売等
代表者名 中山 讓治 設立年月日 2005年9月28日
市場名 東証1部
従業員数(単独) 5,306名 従業員数(連結) 16,428名
平均年齢 42.5歳 平均勤続年数 18.1年
特徴 国内医薬品売上高4位。高血圧、血栓症、糖尿病などを含む「循環器」をはじめ、「癌」「感染症薬」にも強みを持つ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る