1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. 科研製薬の年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

科研製薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

科研製薬について

科研製薬は、「整形外科」「皮膚科」「外科」の3領域に強みを持つ製薬企業です。2015年度の売上高は1097億円(前年度比16.9%増)で、国内の製薬業界では中堅規模。医療機器や農薬などの事業も展開しています。

主力製品は、1987年に販売を開始した「アルツ(関節機能改善剤)」。度重なる薬価の引き上げや後発医薬品の影響もあり、売り上げは徐々に減少してはいますが、それでも年間300億円前後の売り上げを保っています。

加えて、最近成長が著しいのが2014年に市場投入した「クレナフィン」です。日本初の爪白癬(爪水虫)に対する外用薬(塗り薬)として発売された「クレナフィン」は、発売直後から急速に売り上げを伸ばし、2015年度の売上高は前年度の約3倍となる199億円に拡大。2016年度は238億円まで伸びる見込みです。

ジェネリック医薬品にも力を入れており、2015年度の売上高は133億円。科研製薬の主要事業の1つに成長しています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

科研製薬の年収情報

平均年収

780 万円

医薬品業界 順位 全上場企業 順位 推定生涯賃金
25位 / 61社中 264位 / 3535社中 2億9129万円

科研製薬は医薬品業界に所属する企業。 証券コードは4521。医薬品業界における年収順位は61社中25位で業界内年収は平均より高い部類に入る。

年収シュミレーション

  • 562

  • 419

25歳~

  • 671

  • 500

30歳~

  • 780

  • 581

35歳~

  • 880

  • 656

40歳~

  • 907

  • 676

45歳~

  • 889

  • 662

50歳~

  • 科研製薬
  • 全上場企業平均

シミュレーションであり、保障するものではありません。

年収推移

  • 782.2万

2011年

  • 757.1万

2012年

  • 758.1万

2013年

  • 780.4万

2014年

平均年収は横ばいです

所属業界比較

  • 726.8万

医薬品業界

  • 780.4万

科研製薬

  • 581.8万

全上場企業

医薬品業界の平均より54万up

全上場企業の平均より199万up

科研製薬のパイプライン情報

最終更新日 2016/11/15 10:38

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
歯科・口腔外科KCB-1D既承認【剤型・効能追加】歯周病承認 導入(サイオス)、褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)を適応として承認取得済み
内科
消化器科
KAG-308未承認潰瘍性大腸炎第II相 旭硝子との共同開発
皮膚科BBI-4000未承認原発性腋窩多汗症第II相 (第III相準備中)Brickell Biotech社との共同開発

会社について

2016年5月更新

会社名 科研製薬株式会社
本社所在地 〒113-8650 東京都文京区本駒込2-28-8
事業内容 医薬品、医薬部外品、医療機器、動物用医薬品、農業薬品、飼料添加物の製造販売及び不動産の賃貸
代表者名 大沼 哲夫 設立年月日 1948年3月1日
市場名 東証1部
従業員数(単独) 1,493名 従業員数(連結) 1,503名
平均年齢 39.2歳 平均勤続年数 15.8年
特徴 旧理研グループの名門。関節機能改善剤が主力。自社創製の爪白癬症薬育成。後発医薬品も展開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る