1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. 大日本住友製薬の年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

大日本住友製薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大日本住友製薬について

大日本住友製薬は、住友化学の子会社で、国内第8位の製薬企業です。2015年の売上高は4032億円で、前年比8.6%増加。アメリカでブロックバスターとなった「ラツーダ(抗精神病薬)」が業績を支えています。

重点領域としているのは「循環器・糖尿病」「精神神経」「スペシャリティ」。日本国内の主力製品は、循環器・糖尿病領域の「アバプロ/アイミクス(高血圧症治療薬)」や「シュアポスト(糖尿病治療薬)」「メトグルコ(同)」、精神神経領域の「ロナセン(抗精神病薬)」「トレリーフ(パーキンソン病治療薬)」、スペシャリティ領域の「リプレガル(ファブリー病治療薬)」などです。

かつての主力品だった「アムロジン(高血圧症治療薬)」の特許切れ後は、がん領域の研究開発に注力。2012年にアメリカの創薬ベンチャー企業ボストン・バイオ・メディカル(BBI)を買収しました。がんの転移や再発に関与しているとされるがん幹細胞に作用する新薬の開発を進めています。

新たな医療技術の取り込みにも積極的で、アメリカでは慢性期脳梗塞を対象とした細胞医薬品を開発中。理化学研究所や京都大、慶応大と提携し、iPS細胞を使った治療法の開発にも取り組んでいます。

充実した福利厚生制度

大日本住友製薬では社員のワークライフバランスを実現するため、様々な福利厚生制度を整備。転勤の際の負担を減らす住宅費補助・勤務地選択などのサポート制度をはじめ、出産・育児・介護休暇の取得率向上などにも注力しています。
また、プライベートの充実を支援する制度『カフェテリアプラン※』を導入。仕事とプライベートの両面をサポートすることで、社員が長く働くことが出来る労働環境の実現が図られています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

大日本住友製薬の年収情報

平均年収

834 万円

医薬品業界 順位 全上場企業 順位 推定生涯賃金
17位 / 61社中 172位 / 3535社中 2億7613万円

大日本住友製薬は医薬品業界に所属する企業。 証券コードは4506。医薬品業界における年収順位は61社中17位で業界内年収は平均より高い部類に入る。

年収シュミレーション

  • 533

  • 419

25歳~

  • 636

  • 500

30歳~

  • 739

  • 581

35歳~

  • 834

  • 656

40歳~

  • 860

  • 676

45歳~

  • 843

  • 662

50歳~

  • 大日本住友製薬
  • 全上場企業平均

シミュレーションであり、保障するものではありません。

年収推移

  • 825.6万

2011年

  • 839.4万

2012年

  • 831.8万

2013年

  • 834.4万

2014年

平均年収は横ばいです

所属業界比較

  • 726.8万

医薬品業界

  • 834.4万

大日本住友製薬

  • 581.8万

全上場企業

医薬品業界の平均より108万up

全上場企業の平均より253万up

大日本住友製薬のパイプライン情報

最終更新日 2016/08/22 17:37

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
精神科・心療内科SM-13496(ルラシドン塩酸塩)  経口剤未承認統合失調症第III相販売
(米国)
精神科・心療内科DSP-5423(ブロナンセリン) 経口剤 既承認(小児用量)統合失調症第III相 小児用量追加
精神科・心療内科SM-13496(ルラシドン塩酸塩) 経口剤未承認双極Ⅰ型障害うつ
双極性障害メンテナンス
第III相販売
(米国)
 
癌領域BBI608(ナパブカシン) 経口剤未承認胃または食道胃接合部腺がん(併用)第III相
(国際共同治験)
第III相
(米国・カナダ等)
自社品(BBI社)
精神科・心療内科DSP-5423P(ブロナンセリン)経皮吸収型製剤既承認統合失調症第III相 日東電工(株)との共同開発
既存製剤: 経口剤
精神科・心療内科
神経科・神経内科
AD-810N(ゾニサミド)経口剤既承認レビー小体型認知症(DLB)に伴うパーキンソンニズム第III相 既承認適応:パーキンソン病
神経科・神経内科
小児科
EPI-743(バチキノン)経口剤未承認リー脳症第II/III相 導入品(Edison社)
内科
消化器科
DSP-1747(オベチコール酸) 経口剤未承認非アルコール性脂肪肝炎(NASH)第II相第III相
(Intercept社)
導入品(Intercept社)
内科
消化器科
DSP-6952(未定) 経口剤未承認便秘型IBS、慢性便秘第II相 自社
癌領域WT4869(未定) 注射剤未承認骨髄異形性症候群第I/II相 自社品(中外製薬(株)との共同研究)
癌領域WT2725(未定) 注射剤未承認固形がん第I/II相第I/II相
(米国)
自社品(中外製薬(株)との共同研究)
癌領域BBI608(ナパブカシン) 経口剤未承認悪性胸膜中皮腫(併用)第I/II相 自社品(BBI社)
癌領域BBI503(amcasertib) 経口剤未承認固形がん(単剤)
第I/II相第I/II相
(米国・カナダ)
自社品(BBI社)
癌領域BBI608(ナパブカシン)経口剤未承認肝細胞がん(併用)第I/II相第I/II相
(米国)
自社品(BBI社)
癌領域DSP-7888(未定)注射剤未承認骨髄異形成症候群第I/II相 自社
癌領域WT4869(未定) 注射剤未承認固形がん
第I/II相 自社品(中外製薬(株)との共同研究)
癌領域BBI503(amcasertib) 経口剤未承認肝細胞がん(併用)第I/II相第I/II相自社品(BBI社)
癌領域BBI608(ナパブカシン)経口剤未承認結腸直腸がん(併用)第I/II相第II相
(米国・カナダ)
自社品(BBI社)
小児科
癌領域
DSP-7888(未定)注射剤未承認小児悪性神経膠腫第I/II相 自社
精神科・心療内科SEP-363856(未定)経口剤未承認統合失調症第I/II相第I/II相
(米国)
自社
神経科・神経内科DSP-2230(未定)経口剤未承認神経障害性疼痛第I/II相第I/II相
(英国・米国)
自社

会社について

2016年5月更新

会社名 大日本住友製薬株式会社
本社所在地 大阪本社:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2-6-8 東京本社:〒104-8356 東京都中央区京橋1-13-1
事業内容 医療用医薬品、食品素材・食品添加物、動物用医薬品、診断薬等の製造および販売
代表者名 多田 正世 設立年月日 1897年5月14日
市場名 東証1部
従業員数(単独) 4,126名 従業員数(連結) 6,868名
平均年齢 41.7歳 平均勤続年数 16.9年
特徴 医療用医薬品の準大手。大日本製薬と住友製薬が合併して発足。米国へ進出。循環器・糖尿病、精神神経、スペシャリティ領域に強み。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る