1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. 大塚製薬の年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

大塚製薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大塚製薬について

大塚製薬は、大塚ホールディングス傘下の製薬企業。売上高は第4位で、がん領域に強い大鵬薬品工業や、輸液を扱う大塚製薬工業などと同じ大塚グループに属しています。大塚ホールディングスはこれら大塚グループを束ねる持株会社で、2010年に東証一部に上場しました。

得意とするのは中枢神経系領域。ピーク時に世界で6000億円以上を売り上げた「エビリファイ(抗精神病薬)」は特許切れを迎えましたが、「エビリファイ」の効果が長く続くようにした「エビリファイメンテナ」や、新しい抗精神病薬「レキサルティ」の売り上げが拡大しています。

中枢神経系以外の領域では、「眼科」や「がん」、「消化器」「循環器」といった領域に力を入れています。眼科領域では、胃潰瘍治療薬として長らく販売されている「ムコスタ」の有効成分を転用し、ドライアイ治療薬「ムコスタ点眼液」を開発。消化器領域では、大型化が期待される武田薬品工業の「タケキャブ(酸関連疾患治療薬)」のコ・プロモーションを手がけています。

がん領域では、2013年9月にアメリカのバイオベンチャー企業であるアステックスを買収。抗がん剤の開発に特化した同社を傘下に加えることで、がん領域のラインナップ拡充を目指しています。

新薬だけに頼らない経営と、働きやすい社風

「医薬品事業」「ニュートラシューティカルズ関連事業(NC関連事業)」の2つが経営軸となっている大塚製薬。輸液や、「ポカリスエット」「カロリーメイト」などの機能性飲料・食品が安定した収益を上げており、新薬開発だけに頼らないビジネスモデルが構築されています。
また、育児休暇や介護休暇をはじめとした休暇制度が整備され、働きやすい労働環境づくりに注力している姿勢も。女性を役員に登用する動きも積極的で、現在執行役員に占める女性の割合は16.7%と、他社に比べて高い数字が出ています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

大塚製薬のパイプライン情報

最終更新日 2016/07/04 14:29

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
精神科・心療内科OPC-14597(アリピプラゾール)/持効性注射剤既承認双極性障害第III相第III相
(米国,欧州)
自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-14597(アリピプラゾール)既承認自閉症申請 自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-14597 (アリピプラゾール)既承認アルツハイマー型認知症アジテーション第III相 自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-34712(ブレクスピプラゾール)未承認統合失調症第III相承認
(米国)
自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-34712(ブレクスピプラゾール)未承認大うつ病 承認
(米国)
自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-34712(ブレクスピプラゾール)未承認アルツハイマー型認知症アジテーション 第III相
(米国、欧州)
自社開発
自社品
精神科・心療内科OPC-34712(ブレクスピプラゾール)未承認心的外傷後ストレス障害(PTSD) 第III相
(米国、欧州)
自社開発
自社品
精神科・心療内科Lu AE58054未承認アルツハイマー型認知症 第III相
(米国,欧州)
共同開発
導入品
精神科・心療内科ASC-01(アリピプラゾール・セルトラリン)既承認大うつ病第III相第III相
(アジア)
自社開発
自社品
癌領域OCV-501未承認高齢者急性骨髄性白血病の再発予防第II相第II相
(アジア)
自社開発
自社品
癌領域OCV-C02未承認大腸がん第I/II相 自社開発
導入品
癌領域SGI-110未承認卵巣がん 第II相
(米国,欧州)
共同開発
導入品
癌領域SGI-110未承認肝細胞がん 第II相
(米国,欧州)
共同開発
導入品
癌領域SGI-110未承認急性骨髄性白血病第III相第III相
(米国,欧州,アジア)
共同開発
導入品
癌領域SGI-110未承認急性骨髄性白血病・骨髄異形成症候群 第II相
(米国)
 
循環器科OPC-41061(トルバプタン)既承認血液透析に伴う体液貯留第II相 自社開発
自社品
癌領域OPB-111077未承認固形がん 第I/II相
(米国,アジア)
自社開発
自社品
癌領域OPB-111001未承認固形がん 第I/II相
(欧州)
自社開発
自社品
循環器科OPC-108459/注射剤未承認発作性・持続性心房細動第I/II相第I/II相
(米国)
自社開発
自社品
眼科OPC-12759E(レパミピド)/点眼剤未承認ドライアイ(マルチドーズ)第III相 自社開発
自社品
眼科OPA-6566未承認緑内障 第I/II相
(米国)
自社開発
自社品
皮膚科OPA-15406未承認アトピー性皮膚炎 第II相
(米国)
自社開発
自社品
消化器科
癌領域
OPC-12759 (レバミピド) / 液剤既承認がん化学放射線療法に伴う口腔粘膜炎第II相 自社開発
自社品
癌領域ASTX727未承認骨髄異形成症候群 第I/II相
(米国)
自社開発
自社品
癌領域AT13387未承認非小細胞肺がん 第II相
(米国,欧州)
自社開発
呼吸器科
その他
OPC-67683 (デラマニド)既承認小児多剤耐性結核 第II相
(欧州)
自社開発
自社品
循環器科
癌領域
OPC-41061 (トルバプタン)既承認がん性浮腫第II相 自社開発
自社品
循環器科
泌尿器科
OPC-41061 (トルバプタン)既承認腹膜透析に伴う体液貯留第II相 自社開発
自社品
精神科・心療内科Lu AA36143未承認アルコール依存症における飲酒量低減第III相 共同開発
導入品
眼科OPC-1085EL既承認緑内障申請 自社開発
自社品
消化器科
胃腸科
OPS-2071未承認クロストリジウム・ディフィシル感染症,腸管感染症第II相第II相
(アジア)
自社開発
自社品
精神科・心療内科
神経科・神経内科
AVP-786未承認アルツハイマー型認知症に伴うアジテーション 第III相
(米国,欧州)
 
精神科・心療内科AVP-786未承認大うつ病 第II相
(米国)
 
精神科・心療内科AVP-786未承認統合失調症残遺症状 第II相
(米国)
 
神経科・神経内科AVP-923既承認パーキンソン病に伴うジスキネジア 第II相
(米国)
 
内科
神経科・神経内科
AVP-825 点鼻粉末剤既承認急性偏頭痛 承認
(米国)
 
神経科・神経内科Lu AF20513未承認アルツハイマー型認知症 第I/II相
(欧州)
共同開発
導入品
癌領域Sativex既承認がん性疼痛 第III相
(米国)
 
癌領域AT7519未承認多発性骨髄腫
 第II相
(米国)
 
癌領域ASTX660未承認固形がん・リンパ腫 第I/II相
(米国)
 
眼科ACU-4429未承認ドライ型加齢黄斑変性症 第II/III相
(米国)
 

会社について

2016年5月更新

会社名 大塚製薬株式会社
本社所在地 〒101-8535 東京都千代田区神田司町2-9
事業内容 医薬品・臨床検査・医療機器・食料品・化粧品の製造、製造販売、販売、輸出ならびに輸入
代表者名 樋口 達夫 設立年月日 1964年8月10日
市場名 東証一部
従業員数(単独) 5,719名 従業員数(連結)
平均年齢 平均勤続年数
特徴 世界90箇所に工場を有し、海外事業も好調な新薬メーカー。多品目を有し領域によっては大きなシェア。抗精神病薬が最主力。待遇・福利厚生が魅力で定着率が高い。大塚HDとして2010年12月15日、東証1部上場。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る