1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. ヤンセンファーマの年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

ヤンセンファーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤンセンファーマについて

ヤンセンファーマは、世界最大のトータルヘルスケアカンパニーである米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の医薬品部門の日本法人です。J&Jの医薬品部門の2015年の世界売上高は314億ドルで第8位に位置しています。

注力しているのは「がん」「免疫疾患」「精神・神経疾患」「ワクチン」「代謝・循環器疾患」の5つの領域。中枢神経系領域にもともと強く、「リスパダール」「ゼプリオン」「インヴェガ」といった統合失調症治療薬や、「レミニール(アルツハイマー型認知症治療薬)」「コンサータ(ADHD治療薬)」など豊富な製品を揃えています。

最近では、がん領域での研究開発が活発化。「ザイティガ(前立腺がん治療薬)」は世界でブロックバスターとなり、多発性骨髄腫治療薬や前立腺がん治療薬が開発の後期段階に入っています。関節リウマチ治療薬「レミケード」「シンポニー」(日本ではいずれも田辺三菱製薬が販売)を擁する免疫疾患領域でも、新たな関節リウマチ治療薬や乾癬治療薬が臨床第3相試験段階に。HIVの分野でも存在感を発揮しています。

環境面では、J&J譲りのオープンかつフラットな社風が特長です。管理職への推薦権を上司だけではなく全メンバーが持つ“マネジメントプール制”をはじめ、実力主義の昇進制度が揃います。そのため、30代で営業所長に昇進する事例も多数。
その一方、J&Jが定めた「分権経営※」方針に基づき、日本の風土に合った事業展開が行われているのも特長の1つ。新薬によっては、世界に先駆けて日本で先行上市するケースもあるなど、柔軟な姿勢が見られます。

※「分権経営」…各社が独立した方針の元、経営を行うこと。

働き方も社員同士の連携も。柔軟な組織

ヤンセンファーマでは、職種異動や、育児支援制度の整備など、希望を出しやすい風土作りが心がけられています。職種だけでなく、事業部間の異動希望も可能な体制から、希望の専門性構築・スキルの積み上げに挑戦する社員の姿も。
また、日頃から事業部を飛び越えたコミュニケーションが盛ん。新薬の情報共有も積極的に行われているため、領域の枠にとらわれず知識を吸収できる機会に恵まれています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

ヤンセンファーマのパイプライン情報

最終更新日 2016/12/21 17:49

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
消化器科
胃腸科
CNTO1275(ウステキヌマブ) 注射剤既承認クローン病申請 適応追加
消化器科
胃腸科
CNTO148 (ゴリムマブ) 注射剤既承認潰瘍性大腸炎申請 適応追加
癌領域JNJ-54767414 (ダラツムマブ)注射剤未承認多発性骨髄腫申請 新有効成分
リウマチ科
整形外科
CNTO136(シルクマブ)注射剤未承認関節リウマチ申請 新有効成分
精神科・心療内科R092670(パリぺリドンパルミチン酸エステル)注射剤既承認統合失調症 (申請準備中) 新剤型
癌領域ARN-509(未定)経口剤未承認前立腺がん第III相 新有効成分
癌領域PCI-32765(イブルチニブ)経口剤既承認B細胞リンパ腫第II/III相 適応追加
癌領域JNJ-212082(アビラテロン酢酸エステル)経口剤既承認前立腺がん第III相 適応追加
皮膚科CNTO1959 (グセルクマブ)注射剤未承認乾癬第III相 新有効成分
消化器科
胃腸科
CNTO1275(ウステキヌマブ) 注射剤既承認潰瘍性大腸炎第III相 適応追加
精神科・心療内科JNJ-54135419 (エスケタミン)点鼻剤未承認治療抵抗性うつ病第II相 新有効成分
呼吸器科
その他
TMC207 (ベダキリンフマル酸塩)経口剤未承認多剤耐性結核第II相 新有効成分
皮膚科CNTO1959 (グセルクマブ)注射剤未承認掌蹠膿疱症第II相 新有効成分

会社について

2016年5月更新

会社名 ヤンセンファーマ株式会社
本社所在地 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-5-2
事業内容 医薬品および医薬関連製品の開発・製造・販売および輸出入
代表者名 クリス・フウリガン 設立年月日 1978年4月1日
市場名
従業員数(単独) 1,993名 従業員数(連結)
平均年齢 平均勤続年数
特徴 「中枢神経系」「鎮痛・麻酔」「真菌・感染症」「がん」の4つに特化。在宅勤務制度、長期休暇制度、育児休業制度、有給による育児時間の導入、育児短時間勤務など支援制度も充実。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る