1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. ファイザーの年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

ファイザー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファイザーについて

ファイザーは、売上高世界第2位を誇る米ファイザーの日本法人。2015年の日本国内の売上高は前年比2%増の5114億円で、日本の大手製薬企業に匹敵する大きさです。

日本国内で売り上げを伸ばしているのは、「リリカ(疼痛治療薬)」「プレベナー13(肺炎球菌ワクチン)」「トビエース(過活動膀胱治療薬)」「スーテント(抗がん剤)」「ブイフェンド(抗菌薬)」など。後発医薬品事業も堅調です。

研究開発費は業界トップクラスで、2015年には日本で新薬2品目、適応拡大など8品目の承認を取得。日本だけでも40近い開発プロジェクトが進行中です。かねてからの強みだった循環器領域に加え、がんや希少疾患などアンメットメディカルニーズの高い領域にも積極的にアプローチしています。

新薬メーカーとしていち早くジェネリック医薬品事業に参入したのもファイザーの特徴。長期収載品と後発医薬品を「エスタブリッシュ医薬品」として一つの事業で展開するビジネスモデルを業界で初めて打ち出しました。日本国内では2013年にマイラン製薬と提携。2015年には、米国本社が大手後発医薬品メーカーのホスピーラを買収するなど、取り組みを強化しています。

ファイザーでは、自分の将来のビジョンや強みを活かしたい領域を会社に申告する「自己申告制度」と、空きが出たポジションに自ら応募できる「社内公募制度」からなる2つのMRキャリア形成システムがあります。本人の希望・意志を尊重する制度により、国外で活躍する社員や管理職として働く女性も見られます。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

ファイザーのパイプライン情報

最終更新日 2017/09/01 14:02

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
その他PF-02341066(クリゾチニブ)既承認(適応追加/希少疾病用医薬品)
ROS1陽性の非小細胞肺がん
承認  
その他PF-5208763/SKI-606(ボスチニブ)既承認(希少疾病用医薬品)
前治療薬に抵抗性又は不耐容の慢性骨髄性白血病
承認  
その他PF-05208773/ CMC-544(イノツズマブ オゾガマイシン)未承認(希少疾病用医薬品)
成人急性リンパ性白血病
申請  
その他UK-92,480(シルデナフィルクエン酸塩)既承認(小児の用法用量追加/希少疾病用医薬品)
肺動脈性肺高血圧症
申請  
その他CP-690,550(トファシチニブクエン酸塩)既承認(適応追加)
潰瘍性大腸炎
申請  
その他PD-0332991-00(パルボシクリブ)未承認乳がん申請  
その他AG-013736(アキシチニブ)既承認(適応追加)
腎細胞がん
第III相 (併用療法として開発中)
その他MSB0010718C(アベルマブ)既承認(適応追加)
卵巣がん
第III相 (遺伝子組換え)
その他MSB0010718C(アベルマブ)既承認(適応追加)
尿路上皮がん
第III相 (遺伝子組換え)
その他MSB0010718C(アベルマブ)既承認(適応追加)
頭頸部がん
第III相 (遺伝子組換え)
その他PF-00299804(ダコミチニブ水和物)未承認非小細胞肺がん第III相  
その他PF-06291826(タファミジスメグルミン)既承認(適応追加)
トランスサイレチン型心アミロイドーシス
第III相  
その他PF-00914730/DA-9501(デクスメデトミジン塩酸塩)既承認(小児の用法用量追加)
集中治療における人工呼吸中及び離脱後の鎮静
第III相  
その他CP-690,550(トファシチニブクエン酸塩)既承認(用法用量・剤形の追加)
既存治療で効果不十分な関節リウマチ
第III相  
その他SPM-8272(フェソテロジンフマル酸塩)既承認(適応追加)
小児神経因性排尿筋過活動
第III相  
その他PF-00345101(ロラゼパム)既承認(投与経路、適応、用法用量の追加)
てんかん重積状態
第III相  
その他PF-06463922(lorlatinib)未承認ALK陽性/ROS1陽性の非小細胞肺がん第III相  
その他PF-04383119-SC(tanezumab)未承認変形性関節症第III相  
その他PF-04383119-SC(tanezumab)未承認慢性腰痛症第III相  
その他PF-04383119-SC(tanezumab)未承認がん性疼痛第III相  
その他PF-05280014(未定)未承認HER2過剰発現が確認された乳がん
HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃がん
第III相 (バイオ後続品)
その他PF-05280586(未定)未承認CD20 陽性のB 細胞性非ホジキンリンパ腫
免疫抑制状態下のCD20 陽性のB 細胞性リンパ増殖性疾患
ヴェゲナ肉芽腫症,顕微鏡的多発血管炎
インジウム(111In)イブリツモマブチウキセタン(遺伝子組換え)注射液及びイットリウム(90Y)イブリツモマブチウキセタン(遺伝子組換え)注射液投与の前投与
難治性のネフローゼ症候群 (頻回再発型あるいはステロイド依存性を示す場合)
下記のABO血液型不適合移植における抗体関連型拒絶反応の抑制
腎移植、肝移植
第III相 (バイオ後続品)
その他PF-06410293(未定)未承認関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)
既存治療で効果不十分な下記疾患
・尋常性乾癬,関節症性乾癬
・強直性脊椎炎
・多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎
・腸管型ベーチェット病
中等症又は重症の活動期にあるクローン病の寛解導入及び維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)
中等症又は重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)
第III相 (バイオ後続品)
その他PF-06425090(未定)未承認初発のクロストリジウム・ディフィシル感染症の予防第III相  
その他PF-06438179(未定)未承認既存治療で効果不十分な下記疾患
・関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)
・ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎
・尋常性乾癬,関節症性乾癬,膿疱性乾癬,乾癬性紅皮症
・強直性脊椎炎
・腸管型ベーチェット病、神経型ベーチェット病、血管型ベーチェット病
次のいずれかの状態を示すクローン病の治療および維持療法(既存治療で効果不十分な場合に限る)
・中等度から重度の活動期にある患者
・外瘻を有する患者
中等症から重症の潰瘍性大腸炎の治療(既存治療で効果不十分な場合に限る)
・川崎病の急性期
第III相 (バイオ後続品)
その他PF-06439535(未定)未承認治癒切除不能な進行・再発の結腸・直腸がん
扁平上皮がんを除く切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん
卵巣がん
手術不能又は再発乳がん
悪性神経膠腫
進行または再発の子宮頸がん
第III相 (バイオ後続品)
その他AG-013736(アキシチニブ)既承認(適応追加)
肝細胞がん
第II相  
その他PD-0332991-00(パルボシクリブ)未承認(適応追加)
頭頸部がん
第II相  
その他PF-5208763/SKI-606(ボスチニブ)既承認(適応追加)
慢性骨髄性白血病
第II相  
その他PF-06252616(domagrozumab)未承認デュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)第II相  
その他PF-04449913(glasdegib)未承認骨髄線維症(MF)第II相  
その他PF-06290510(未定)未承認成人の待機手術患者に対する術後侵襲性黄色ブドウ球菌感染症の予防第II相  
その他PF-06649751(未定)未承認パーキンソン病第II相  
その他MSB0010718C(アベルマブ)未承認(適応追加)
肝細胞がん
第I/II相 (遺伝子組換え)
その他MSB0010718C/PF-05082566(アベルマブ)未承認進行固形がん第I/II相 (遺伝子組換え)
その他MSB0010718C/PF-06463922(アベルマブ)未承認非小細胞肺がん第I/II相 (遺伝子組換え)
その他 PF-02341066(クリゾチニブ)既承認(適応追加)
ALK融合遺伝子陽性の悪性腫瘍 (非小細胞肺がん以外)
第I/II相  
その他PF-02341066(クリゾチニブ)既承認(適応追加)
c-Met 陽性の非小細胞肺がん
第I/II相  
その他PF-04449913(glasdegib)未承認(適応追加)
急性骨髄性白血病(AML)
第I/II相  
その他PF-04518600(未定)未承認進行固形がん第I/II相  
その他PF-05082566(未定)未承認血液がん、進行固形がん第I/II相  
その他PF-06747775(未定)未承認非小細胞肺がん第I/II相  

会社について

2017年5月更新

会社名 ファイザー株式会社
本社所在地 〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7 新宿文化クイントビル
事業内容 医療用医薬品の製造・販売・輸出入
代表者名 梅田 一郎(うめだ いちろう) 設立年月日 1953年08月01日
市場名
従業員数(単独) 4,935名 従業員数(連結)
平均年齢 平均勤続年数
特徴 2016年 製薬会社 世界売上高第1位。「炎症性・免疫疾患」「循環器・代謝性疾患」「がん」「ワクチン」「精神・神経疾患」「希少疾病」領域を中心に研究開発に注力。業界トップクラスの研究開発投資を行い、ゲノム研究をはじめ、新時代の新薬研究に複合的に取り組む。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る