1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. バイエル薬品の年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

バイエル薬品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエル薬品について

バイエル薬品は、独バイエルの日本法人。「循環器」「腫瘍・血液」「ウィメンズヘルスケア」「眼科」「画像診断」といった領域に力を入れています。日本法人の2015年の売上高は2795億円(薬価ベース、前年比12.2%増)。3年連続で二桁成長を遂げています。

成長を牽引するのは、「イグザレルト(経口抗凝固薬)」や「アイリーア(加齢黄斑変性治療薬)」。イグザレルトは経口抗凝固薬市場の37.1%(金額ベース)、アイリーアは眼科用VEGF阻害剤市場の63.3%(数量ベース)を占め、いずれもトップシェアを獲得しています。

100年以上前に「アスピリン」を開発に成功したことでおなじみの同社ですが、売上高全体に占める「後発医薬品のない製品」の割合は75%と、新薬も豊富。「ゼチーア(高脂血症治療薬)」「スチバーガ(抗がん剤)」「ヤーズ(低用量ピル)」など多くの新薬を持っています。

希望通りの場所で働ける「エリアオーナーシップ制」

バイエル薬品では社員にとって働きやすい労働環境を構築するため、様々な制度が整備されています。その中の一つが「エリアオーナーシップ制」。これは配属先を決める際、MRに希望の勤務地を聞き、できる限りその希望通りの場所に勤務させるという制度です。実際に希望する勤務地で働くMRは全体の6割にのぼります。また、希望する勤務地以外への赴任となるMRには手当を厚くするといった対応も。勤務地配属に対するMRへの配慮が制度として確立している、非常に珍しい企業です。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

バイエル薬品のパイプライン情報

最終更新日 2017/03/27 11:03

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】冠動脈疾患又は末梢動脈疾患患者における心血管イベントの抑制第III相第III相自社/Multinational trial
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】冠動脈疾患を合併する心不全患者における心血管イベントの抑制第III相第III相自社/国外では米国 Janssen Research & Development社による開発/Multinational trial
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】塞栓源を特定できない塞栓性脳卒中患者における脳卒中及び全身性塞栓症の発症抑制第III相第III相自社/Multinational trial
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】急性冠症候群患者における心血管イベントの抑制第II相販売自社/国外では米国 Janssen Research & Development社による開発/Multinational trial
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】末梢動脈疾患患者における心血管イベントの抑制第III相第III相自社/Multinational trial
 BAY 59-7939 (rivaroxaban) / 錠剤既承認【適応追加】小児患者における静脈血栓塞栓症の治療 及び再発抑制第III相第III相自社/Multinational trial
 BAY 63-2521 (riociguat) / 錠剤既承認【適応追加】左心不全に伴う肺高血圧症第II相第II相自社/Multinational trial/米国Merck社との共同開発
 BAY 63-2521 (riociguat) / 錠剤既承認【適応追加】びまん皮膚硬化型全身性強皮症第II相第II相自社/Multinational trial/米国Merck社との共同開発
 BAY 94-8862 (finerenone) / 錠剤未承認糖尿病を伴う慢性腎臓病第III相第III相自社
 BAY q 3939 (ciprofloxacin) / ドライパウダー吸入剤既承認【適応追加】嚢胞性線維症以外の気管支拡張症第III相第III相自社/Multinational trial
 BAY q 6256 (Iloprost) / 吸入剤既承認肺動脈性肺高血圧症販売販売自社
 BAY 41-6551 (amikacin) / 吸入剤既承認肺炎第III相第III相自社/国外ではスイス ノバルティス社との共同開発/Multinational trial
 BAY 1192631 (tedizolid) / 注射・錠剤未承認皮膚・軟部組織感染症第III相販売米国 Merck社より導入
 BAY 1192631 (tedizolid) / 注射未承認肺炎第III相第III相米国 Merck社より導入/共同開発/Multinational trial
 BAY 1021189 (vericiguat) / 錠剤未承認心不全第III相第III相自社/Multinational trial/米国Merck社との共同開発
 BAY 85-3934 (molidustat) / 錠剤未承認腎性貧血第II相第II相自社/Multinational trial
 BAY 43-9006 (sorafenib) / 錠剤既承認【適応拡大】甲状腺癌販売 腎細胞癌、肝細胞癌及び分化型甲状腺癌で承認済
 BAY 43-9006 (sorafenib) / 錠剤既承認【適応追加】乳癌第III相第III相腎細胞癌、肝細胞癌及び分化型甲状腺癌で承認済/国外では米国オニキス・ファーマシューティカル社との共同開発/Multinational trial
 BAY 73-4506 (regorafenib) / 錠剤既承認【適応追加】肝細胞癌申請申請自社/Multinational Trial
 BAY 88-8223 (塩化ラジウム-223) / 注射既承認骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌販売販売自社
 BAY 88-8223 (塩化ラジウム-223) / 注射既承認骨転移のある去勢抵抗性前立腺癌
(他剤との併用療法)
第III相第III相自社/Multinational Trial
 BAY 88-8223 (塩化ラジウム-223) / 注射既承認【適応追加】乳癌第II相第II相自社/Multinational Trial
 BAY 1841788 (darolutamide) / 錠剤未承認去勢抵抗性前立腺癌第III相第III相フィンランド オリオン・コーポレーションより導入/共同開発/Multinational Trial
 BAY 1841788 (darolutamide) / 錠剤未承認ホルモン感受性前立腺癌第III相第III相フィンランド オリオン・コーポレーションより導入/共同開発/Multinational Trial
 BAY 81-8973 (オクトコグ ベータ (遺伝子組換え)) / 注射既承認血液凝固第Ⅷ因子欠乏患者における出血傾向の抑制販売販売自社/Multinational trial
 BAY94-9027 (ダモクトコグ アルファ ペゴル(遺伝子組換え)) / 注射未承認血友病 A 第II/III相第II/III相自社/Multinational Trial
 BAY 86-5321 (aflibercept) / 注射既承認【適応追加】血管新生緑内障第III相 米国 リジェネロン・ファーマシューティカル社より導入/共同開発
 BAY 86-5300 (drospirenone/ethinylestradiol) / 錠剤既承認子宮内膜症に伴う疼痛の改善及び月経困難症承認 自社
 BAY 1002670 (vilaprisan) / 錠剤未承認子宮筋腫第II相第II相自社/Multinational Trial

会社について

2016年5月更新

会社名 バイエル薬品株式会社
本社所在地 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー
事業内容 医薬品・医療機器・動物用医薬品の開発・輸入・製造・販売
代表者名 カーステン・ブルン 設立年月日 1973年4月5日
市場名
従業員数(単独) 2,670名 従業員数(連結)
平均年齢 平均勤続年数
特徴 ドイツ本社の世界的新薬メーカー。脳・心血管系疾患領域を中心に、抗癌剤など新たな領域での挑戦も開始。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る