1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. エーザイの年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

エーザイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エーザイについて

エーザイは、中枢神経系領域やがん領域に力を入れる日本国内第5位の製薬企業です。2015年度の売上高は5479億円。チョコラBBシリーズやセルベールなど一般用医薬品でもおなじみですが、医療用医薬品の売り上げが会社全体の9割以上を占めています。

エーザイを代表する製品は、世界初のアルツハイマー型認知症治療薬として開発された「アリセプト」。ピーク時には世界で3000億円以上を売り上げ、エーザイの成長に大きく貢献しました。

2010年に「アリセプト」の特許が切れた後は、「ニューロロジー(中枢神経系)」と「オンコロジー」の2つの領域に集中した事業を展開しています。がん領域では「ハラヴェン」「レンビマ」など画期性の高い新薬を相次いで発売。一方で、これまでエーザイの成長を支えてきたプロトンポンプ阻害剤「パリエット」を含む消化器領域事業を別会社に切り離すなど、「選択と集中」を進めています。

また、商品ラインナップの拡充だけではなく、通常のエリア担当制のMRとは別のオンコロジー専門MRユニットを新設。症例ベースでのディテーリングが可能な、専門性の高いMRを増やすことで、製品力とアピール力の両方からオンコロジー領域でのエーザイの存在感を高めようとする動きが見られます。

女性の働きやすさを考えた福利厚生制度

エーザイは2012年に「女性活躍推進」「グローバル人材活躍推進」「ミドル・シニア層活躍推進」を掲げた『エーザイ・ダイバーシティ委員会』を立ち上げました。
この中でも、最も重要視されている課題は「女性活躍推進」。結婚・出産・育児・介護といったライフイベントにあわせて柔軟な働き方を選択できる会社づくりを目指して、エーザイでは福利厚生制度の充実が図られています。
育児休暇や産前産後休暇はもちろん「つわり休暇」や「看護休暇」、ライフイベントが理由で一度退職した社員へ再雇用の機会を提供する「退職者登録制度」など、それぞれの状況に応じた制度が充実しています。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

エーザイの年収情報

平均年収

1094 万円

医薬品業界 順位 全上場企業 順位 推定生涯賃金
3位 / 65社中 48位 / 3501社中 3億6204万円

エーザイは医薬品業界に所属する企業。 証券コードは4523。医薬品業界における年収順位は65社中3位で業界内年収は平均より高い部類に入る。

年収シュミレーション

  • 699

  • 382

25歳~

  • 834

  • 456

30歳~

  • 969

  • 530

35歳~

  • 1094

  • 598

40歳~

  • 1127

  • 617

45歳~

  • 1105

  • 604

50歳~

  • エーザイ
  • 全上場企業平均

シミュレーションであり、保障するものではありません。

年収推移

  • 1063.0万

2013年

  • 1040.1万

2014年

  • 1040.0万

2015年

  • 1094.0万

2016年

平均年収が前年から上昇しています

所属業界比較

  • 737.4万

医薬品業界

  • 1094.0万

エーザイ

  • 598.7万

全企業

医薬品業界の平均より357万up

全上場企業の平均より496万up

エーザイのパイプライン情報

最終更新日 2017/11/08 10:41

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
神経科・神経内科E2007(ペランパネル)/経口剤既承認【効能・効果追加】部分てんかん単剤療法/AMPA受容体拮抗剤第III相
(日本)
承認
(米国)
部分てんかん併用療法は日米欧で取得済
単剤療法は米で取得済
全般てんかん併用療法は日米欧で取得済
神経科・神経内科E2007(ぺランパネル)経口剤既承認【効能・効果追加】レノックス・ガストー症候群/AMPA受容体拮抗剤第III相
(国際共同治験)
第III相 
神経科・神経内科E2007(ぺランパネル)経口剤既承認【効能・効果追加】てんかん小児適応/AMPA受容体拮抗剤第III相
(国際共同治験)
第III相 
神経科・神経内科E2006(レンボレキサント)/経口剤未承認不眠障害/デュアルオレキシン受容体拮抗剤第III相
(国際共同治験)
第III相Purdue Pharmaとの共同開発
神経科・神経内科E2006(レンボレキサント)/経口剤未承認アルツハイマー型認知症に伴う不規則睡眠覚醒リズム障害/デュアルオレキシン受容体拮抗剤第II相
(国際共同治験)
第II相
(米国)
Purdue Pharmaとの共同開発
神経科・神経内科E2609/経口剤未承認早期アルツハイマー病第III相
(国際共同治験)
第III相国際共同治験臨床第Ⅲ相試験を2つ実施中(MISSION AD1/AD2)
バイオジェン・インクとの共同開発
神経科・神経内科BIIB037(aducanumab)/注射剤未承認早期アルツハイマー病/抗アミロイドβ抗体第III相
(国際共同治験)
第III相導入品(バイオジェン・インク)
バイオジェン・インクとの共同開発
神経科・神経内科BAN2401/注射剤未承認早期アルツハイマー病/抗アミロイドβプロトフィブリル抗体第II相
(国際共同治験)
第II相
(米国・欧州)
導入品(BioArctic)
バイオジェン・インクとの共同開発
神経科・神経内科ME2125(safinamide)/経口剤未承認パーキンソン病/モノアミン酸化酵素B阻害剤第II/III相 導入品(Meiji Seikaファルマ)
癌領域E7080(レンバチニブ)/経口剤既承認【効能・効果追加】肝細胞がん/新規結合型選択的チロシンキナーゼ阻害剤申請申請
(米国・欧州・中国)
根治切除不能な甲状腺癌の効能効果取得済み
癌領域E7080(レンバチニブ)/経口剤既承認【効能・効果追加】腎細胞がん/新規結合型選択的チロンシンキナーゼ阻害剤第III相
(国際共同治験)
第III相エベロリムスまたはペムブロリズマブとの併用療法
癌領域E7080(レンバチニブ)/経口剤既承認【効能・効果追加】非小細胞肺がん/新規結合型選択的チロンシンキナーゼ阻害剤第II相
(国際共同治験)
第II相根治切除不能な甲状腺癌の効能効果取得済み
癌領域E7080(レンバチニブ)/経口剤既承認胆道がん第II相 根治切除不能な甲状腺癌の効能効果取得済み
癌領域MORAb-003(ファルレツズマブ)/注射剤未承認プラチナ感受性卵巣がん/モノクローナル抗体第II相
(国際共同治験)
第II相 
癌領域E7777/注射剤未承認末梢性T細胞リンパ腫、皮膚T細胞性リンパ腫第II相  
リウマチ科E6011/注射剤未承認関節リウマチ第II相 E6011の消化器領域の開発はEAファーマが実施中

会社について

2017年5月更新

会社名 エーザイ株式会社
本社所在地 〒112-8088 東京都文京区小石川4-6-10
事業内容 医薬品、医薬部外品の研究開発、製造、販売および輸出入
代表者名 内藤 晴夫(ないとう はるお) 設立年月日 1941年12月06日
市場名 東証1部
従業員数(単独) 3,504名 従業員数(連結) 9,877名
平均年齢 43.8歳 平均勤続年数 19.6年
特徴 2016年 国内製薬会社売上高第5位。「認知症関連・神経変性疾患(神経・ニューロロジー)」と「がん(オンコロジー)」の2領域を戦略的重要領域として研究開発資源を集中的に投入。グローバルに探索研究、開発研究、臨床研究を展開し、革新的新薬創出に向けて邁進。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る