1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. アッヴィの年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

アッヴィ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アッヴィについて

アッヴィは、「C型肝炎」「中枢神経系」「免疫」「がん」などの領域に力を入れる米アッヴィの日本法人。アボットから新薬事業を分離して設立されました。

主力製品は、世界で最も売れている医薬品である「ヒュミラ」(2015年の世界売上高は140億ドル)です。関節リウマチのほか、乾癬や潰瘍性大腸炎、クローン病など幅広い適応を持ち、売り上げを拡大。日本ではエーザイと提携を結んでいます。

最近では、インターフェロンやリバビリンとの併用が不要なC型肝炎治療薬「ヴィキラックス」を発売しました。

働きやすさが魅力

アッヴィの独立元であるアボットは、他の外資系企業と比べて非常に離職率が低く、アットホームな社風で、日本人にとって働きやすいと社内外から評されています。「働きがいのある会社ランキング(GPTWジャパン調べ)※」では3年連続(2011~2013年)でベスト30に選出されるなど、社員満足度にも定評のある会社です。
独立したばかりの現アッヴィは、アボット時代の社風を引き継ぎながらも、新しい組織作りに携われる点が魅力。活躍次第で、組織の中核を担う働き方が可能です。

※働きがいのある会社ランキング…Great Place to Work (R) Institute Japanによる、企業の「働きがい」を調査した結果をランキング化したもの。複数社の従業員・人事に対し「働きがい」についてのアンケートを実施し、毎年ベストカンパニーと称される企業を30社選出している。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

アッヴィのパイプライン情報

最終更新日 2017/06/30 13:33

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
内科ABT-627(Atrasentan)経口未承認糖尿病性腎症第III相第III相
(米国)
 
精神科・心療内科
小児科
SME3110(フルボキサミン)経口既承認小児強迫性障害申請販売共同開発(Meiji Seika ファルマ)
消化器科D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認潰瘍性大腸炎(用量追加)第III相第III相
(米国)
 
消化器科
小児科
D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認小児潰瘍性大腸炎第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス) 経口未承認血液がん第I/II相販売
(米国)
 
癌領域ABT-888(Veliparib) 経口未承認非小細胞肺がん第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-414(Depatuxizumab mafodotin) 静注未承認悪性神経膠腫第I/II相第II/III相
(米国)
 
皮膚科D2E7(アダリムマブ)皮下注既承認膿疱性乾癬第III相  
消化器科ABT-493/ABT-530(グレカプレビル/ピブレンタスビル) 経口未承認C型慢性肝炎申請申請
(米国)
 
リウマチ科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認関節リウマチ第III相第III相 
癌領域ABT-888(Veliparib) 経口未承認卵巣がん第III相第III相
(米国)
 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス)経口未承認多発性骨髄腫第III相第III相
(米国)
 
皮膚科D2E7(アダリムマブ)皮下注 既承認化膿性汗腺炎第III相販売
(米国、欧州)
 
消化器科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認潰瘍性大腸炎第II/III相第II/III相
(米国)
 
皮膚科ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認アトピー性皮膚炎第II相第II相 
リウマチ科
皮膚科
ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認関節症性乾癬第II相第II相 
皮膚科ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認膿疱性乾癬/乾癬性紅皮症第III相  
癌領域ABBV-621 静注未承認固形がん/血液がん第I/II相第I/II相
(米国)
 
皮膚科ABBV-066(Risankizumab) 皮下注未承認尋常性乾癬第III相第III相 
リウマチ科
皮膚科
ABT-494(Upadacitinib) 経口未承認関節症性乾癬第III相第III相 
癌領域ABT-199(ベネトクラクス)経口未承認急性骨髄性白血病第III相第III相
(米国)
 

会社について

2017年5月更新

会社名 アッヴィ合同会社
本社所在地 〒108-6302 東京都港区三田3-5-27住友不動産三田ツインビル西館
事業内容 医療用医薬品の研究、開発、製造、輸入、販売
代表者名 ジェームス・フェリシアーノ 設立年月日 2012年03月
市場名
従業員数(単独) 1,000名 従業員数(連結) 28,000名
平均年齢 平均勤続年数
特徴 研究開発に特化させた独立企業として、アボットから分社化したバイオ医薬品企業。「免疫疾患」「腎疾患」「肝疾患」「ニューロサイエンス」「オンコロジー」「ウィメンズヘルス」の領域に注力。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る