1. MR 転職【MR BiZ】HOME>
  2. アストラゼネカの年収・採用・求人情報

製薬企業の年収・採用・求人情報

アストラゼネカ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アストラゼネカについて

アストラゼネカは、売上高世界第7位の製薬企業・英アストラゼネカの日本法人。2015年の日本国内の売上高は20億2000万ドルで、為替変動の影響を除くと前年比4%の増収でした。

アストラゼネカが中核領域と位置付けるのは、「がん」「循環器/代謝疾患」「呼吸器/炎症/自己免疫」の3領域。「感染症」と「ニューロサイエンス(中枢神経系)」の2領域にも的を絞った投資を行っています。

主力製品は「クレストール(高脂血症治療薬)」や「シムビコート(喘息・COPD治療薬)」「ネキシウム(抗潰瘍薬)」「セロクエル(抗精神病薬)」など。最近は糖尿病領域に力を入れており、2013年には米ブリストル・マイヤーズ・スクイブと合弁で展開していた糖尿病事業を買収。「オングリザ(DPP-4阻害薬)」「フォシーガ(SGLT-2阻害薬)」「ビデュリオン(GLP-1受容体作動薬)」「バイエッタ(同)」と幅広い製品を揃えます。

がん領域には歴史的に強く、「ゾラデックス(乳がん治療薬)」「フェソロデックス(同)」「カソデックス(前立腺がん治療薬)」「イレッサ(肺がん治療薬)」などをラインナップ。2016年5月には新たな肺がん治療薬「タグリッソ」を日本で発売したほか、免疫チェックポイント阻害薬を含む多くの品目を開発中です。

女性にとって働きやすい会社づくり

アストラゼネカの全MRのうち15%を占める女性MRにとって、働きやすい労働環境を整えるため、アストラゼネカは業界初の「マルティプル・エンプロイメント・システム(多様型雇用制度)」を2001年に導入しました。この制度は結婚・出産・介護などのライフイベントに応じて働き方を変更できる仕組みで、MRは「嘱託再雇用(労働条件は正社員と同等)」「最長5年の特別休職」「在宅勤務」「短時間勤務」のいずれか自分に合うものを選択することが可能です。
その他にも女性社員の意見を集約する場を設けるなど、働きやすい職場を作るために注力する姿勢が見られます。

現在募集中の求人情報

この企業の求人情報は、シークレット扱いです。

下記、『MR BiZ転職ネゴシエーション』(無料)にお申し込みいただくと、詳細な求人情報がわかります。

『転職ネゴシエーション』とは?

MR BiZ転職ネゴシエーションは、情報提供と交渉に特化した、MR BiZの転職サポートです。

企業によっては、いま現在、中途採用自体行っていないという場合がありますが、そんな場合も・・・

・この会社の今後の採用動向を知ることができる・募集がスタートした瞬間、優先的に求人情報を受け取り、選考へ進むことができる・募集行われていない場合でも、企業側に選考・採用を検討してもらえる

などのお申し込みのメリットがあります。詳細はこちら

申し込みは無料。所要時間は1分程度

転職ネゴシエーションを依頼する

アストラゼネカのパイプライン情報

最終更新日 2017/05/25 19:04

診療科名 治験薬記号(一般名)
および剤型
有効成分の
承認状況
予定される効能又は効果、
対象疾患名および症状名
開発段階 その他
国内 海外
 MEDI-563(ベンラリズマブ)未承認喘息(IL5 R抗体)申請  
 D5884未承認高脂血症(オメガ-3遊離脂肪酸)第III相  
 ZS-9未承認高カリウム血症(カリウム結合剤)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)未承認非小細胞肺癌 (stageIII)(PD-L1抗体)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認非小細胞肺癌(3rd Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認非小細胞肺癌(1st Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認頭頸部癌(1st Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認頭頸部癌(2nd Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認膀胱癌(1st Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第III相  
 AZD2281(オラパリブ)未承認BRCA遺伝子変異陽性乳癌(術後補助療法)(PARP阻害剤)第III相  
 AZD2281(オラパリブ)未承認BRCA遺伝子変異陽性乳癌(PARP阻害剤)第III相  
 AZD2281(オラパリブ)未承認BRCA遺伝子変異陽性再発卵巣癌(PARP阻害剤)第III相  
 AZD2281(オラパリブ)未承認BRCA遺伝子変異陽性卵巣癌(PARP阻害剤)第III相  
 AZD2281(オラパリブ)未承認前立腺癌(PARP阻害剤)第III相  
 MEDI-546(anifrolumab)未承認全身性エリテマトーデス(I型インターフェロン受容体抗体)第III相  
 PT003未承認慢性閉塞性肺疾患(長時間作用性β2刺激剤、 長時間作用性ムスカリン受容体拮抗剤)第III相  
 PT010未承認慢性閉塞性肺疾患(吸入ステロイド剤、 長時間作用性β2刺激剤、 長時間作用性ムスカリン受容体拮抗剤)第III相  
 CAT-354(tralokinumab)未承認喘息(IL-13 抗体)第III相  
 AZD3293未承認アルツハイマー型認知症(βサイト切断酵素1選択的阻害薬)第II/III相 共同開発・販売(イーライリリー・アンド・カンパニー社が臨床試験を実施)
 inebilizumab(MEDI-551)未承認視神経脊髄炎(CD19抗体)第II/III相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認胃癌(2nd/3rd Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)
第II相  
 MEDI4736(デュルバルマブ)+MEDI1123(トレメリムマブ)未承認肝臓癌(2nd Line)(PD-L1抗体+CTLA4抗体)第II相  
 AZD4547未承認固形癌(FGF受容体キナーゼ阻害剤)
第II相  
 AZD5363未承認乳癌(AKT阻害剤)第II相  
 CAM-3001(mavrilimumab)未承認関節リウマチ(GM-CSF受容体抗体)第II相  
 RDEA3170(verinurad)未承認高尿酸血症(URAT1阻害剤)第II相  
 MEDI9929(tezepelumab)未承認喘息(TSLP抗体)第II相  
 AZD1775未承認固形癌(WEE-1阻害剤)  日本の開発段階:I相
 AZD9150未承認造血器悪性腫瘍(STAT3阻害剤)  日本の開発段階:I相
 イレッサ(ゲフィチニブ)+MEDI4736(durvalumab)未承認非小細胞肺癌(EGFRチロシンキナーゼ阻害剤+PD-L1抗体)  日本の開発段階:I相
 AZD6094(savolitinib)未承認固形癌(MET阻害剤)  日本の開発段階:I相
 AZD6244(selumetinib)未承認固形癌(MEK阻害剤)  日本の開発段階:I相
 タグリッソ(オシメルチニブ)+(AZD6244(selumetinib)/AZD6094(savolitinib))未承認EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌(チロシンキナーゼ阻害剤 + (MEK阻害剤/MET阻害剤))  日本の開発段階:I相
 AZD2014(vistusertib)未承認固形癌(mTOR阻害剤)  日本の開発段階:I相
 MEDI9314未承認アトピー性皮膚炎(IL4R抗体)  日本の開発段階:I相
 AZD7594未承認喘息/慢性閉塞性肺疾患(非ステロイド性選択的グルココルチコイド受容体モジュレーター)  日本の開発段階:I相
 エソメプラゾール(ネキシウム)既承認【小児効能追加】消化性潰瘍、逆流性食道炎(プロトンポンプ阻害剤)申請  
 エソメプラゾール(ネキシウム)既承認【剤型追加】消化性潰瘍、逆流性食道炎(プロトンポンプ阻害剤)申請  
 シムビコート(ブデソニド/ホルモテロール)既承認【剤型追加】喘息/慢性閉塞性肺疾患(吸入ステロイド剤, 長時間作用性β2刺激剤)申請  
 ブリリンタ(チカグレロル)既承認【効能追加】2型糖尿病 (P2Y12受容体拮抗剤)第III相  
 ダパグリフロジン(フォシーガ)既承認【効能追加】1型糖尿病(SGLT2阻害剤)第III相  
 ダパグリフロジン(フォシーガ)既承認【効能追加】慢性心不全(SGLT2阻害剤)第III相  
 オシメルチニブ(タグリッソ)既承認【効能追加】EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌 (チロシンキナーゼ阻害剤)第III相  
 オシメルチニブ(タグリッソ)既承認【効能追加】EGFR変異陽性非小細胞肺がんにおける術後補助療法(チロシンキナーゼ阻害剤)第III相  
 MEDI-563(ベンラリズマブ)既承認【効能追加】慢性閉塞性肺疾患(IL5 R抗体)第III相  
 ダパグリフロジン(フォシーガ)既承認【効能追加】糖尿病性腎症(SGLT2阻害剤)第II/III相  

会社について

2017年5月更新

会社名 アストラゼネカ株式会社
本社所在地 〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪タワーB
事業内容 医療用医薬品の開発、製造及び販売
代表者名 デイヴィド・フレドリクソン 設立年月日 1975年04月11日
市場名
従業員数(単独) 3,000名 従業員数(連結) 59,700名
平均年齢 平均勤続年数
特徴 2016年 製薬会社 世界売上高第10位。「オンコロジー」「循環器・代謝疾患」「呼吸器・自己免疫疾患」が3大重点領域。ダイバーシティ推進。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その他の企業の年収・採用・求人情報

MRの転職・情報サイト MR BiZ TOPページに戻る

このページのトップへ戻る